読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thanks blog

旅、ごはん、歌、臨床心理の勉強など興味のあることと、考えたことの記述

おしえ

2011年購入のMacBookAir11インチが不思議な誤作動をするようになったため、買い換えを考えている。

 

ソフマップapple売り場に行くとどんな質問にも瞬時に答えてくれる人がいて、よく分かってなかったことを色々と教えてもらった。

 

MacBookAir13インチ一択と思っていたが、ついでに見せてもらったMacBookProが意外と薄いし画面綺麗だし、タッチバー面白い。スペースグレーも石みたいで良いな〜、そういえばなんかAirのアルミの色ってちょっと飽きた感じ・・・。更に、Airはもう11は廃盤だし、この13インチも2年前に出たきり、もう次は出ないかもしれないなんていうとじゃあ修理のことはどうなるのかなとか、だいたいAirの13インチってデザインに余白が多いなーと思ったりして、迷い始めたので、いったん帰る。

これまでは重さ、価格、メモリとストレージくらいしか比較してなかったけど、家でネットで調べてみると、みなさん本当に色々なことを気にして選んでいることが分かった。なんとアップルマークが光らない光る、ロゴがどこについてる、みたいな見た目を気にしてる人もけっこういるんですね。りんごが光ってるって初めて知った。あと充電の差し込み口がマグネットかそうじゃないかとか、キーボードの打感、音、USBポートの型、個数、位置、各種アクセサリーも正規品とそれ以外のものがたくさん。

 

ともかくProの新しいのには心惹かれたが、いまのところすごく評判が良いわけではなさそう。半年待てるなら、もうちょっとProの改良を待って買いたいところだが、今欲しいわけだし。

 

更に買い方も、アップルストアでカスタマイズ、価格.comで最安値、家電ショップでポイントのパーセンテージ比較、認定制備品、あるいはAmazonで道具を購入し、この11インチのねじをいったん締め直し、掃除してみてから・・・とか、調べれば調べるほど収束せず、買い替え検討開始から3日後、選択肢は増えるばかりであった。

 

私の脳内メモリがMacBook各種比較検討に埋め尽くされていた。そろそろ決めなくては、時間の無駄だ。そこで、

 

えーと、そもそも必要なものは、何だったか。

 

と自分に問いかけたところ、ふと幼稚園の頃のおべんとうの記憶が出てきた。

 

非常に唐突だがその記憶を辿る。

 

4才のころ私の通っていた園のお昼ごはんは、主食だけを持参するシステムだった。小さい弁当箱にご飯のみを入れて行くことに決まっていた。

 

しかしある朝、母は炊飯器にごはんがないことに気付き「mちゃん今日おべんとうのごはんなくなっちゃった。タカヤさんのおばちゃんにもらえるか、きいてみようか」と言った。母は隣家の優しいタカヤさんのおばちゃんに電話をかけ、ごはんの段取りをつけると「今からmが行きます」と言った。

 

私はからのお弁当箱を持って隣家にご飯をもらいにいくという非日常感のあるミッションに興奮していた。何を話したか憶えていないが、おばちゃんはげらげら笑いながらお弁当箱にごはんをつめてくれた。幸せな社交の時間であった。子どものいないタカヤさんのうちは大人仕様で、ちびの私からはおばちゃんがつめている弁当の内容は見えなかった。

 

帰って母に見せると母は「あら、これはいかんなぁ」と言う。何がいかんのですか!と思ったものだが、タカヤさんのおばちゃんは白ご飯の上に、ゆでたまごの黄身をうらごししたものやピンク色のでんぶという甘美味しい食品や、菜の花みたいなゆで野菜までカラフルにもりつけてくれていたのだった。それはいつもの素っ気ない白飯とは別格の気品ある弁当となっていて、私はとても気にいった。これごはんじゃなくて、絵みたいやんか。

 

しかし幼稚園のルールで「ごはんは白のみ。何かのせるのは、いたみやすいので禁止」ということになっていたため、母はとにかく「これは、きれいやけど、いかんのやで」ともういちど私を諭し、飾りをすべて小皿にあけてしまった。

 

「そう、いかんのですね・・・」がっかりするようで、そういうものかと納得するようで、けどまあ、どちらでもいいや、というような感じがあった。その頃の私は「素直・あまりよくわかってない・数歩歩くとすぐに忘れる」という、にわとりのような頭脳を持っていた。

 

それだけの記憶である。

 

さて、なぜ「MacBookAir不具合&次何買う問題」でこんな昔の弁当のことを思いだしたのだろうか。

 

えーと、「白ご飯を調達すればよいのだ、桃色でんぶに惑わされずに」という母の決然とした感じを参考にすればいいのか。これ参考になるか?

 

しかし意外なことに、この記憶にアクセスしたことで、3日悩んだ機種と購買手段選択にすっきり答えが出せた。

 

記憶の抽出しがあくときは、いっけん脈絡がないようでいて、わりに自分の考えの本質を浮き上がらせてくれる。

 

今回は起きてるときに出てきた記憶だけど、寝てるときに見る夢も似ている。頼りになるというほど安定はしてないが、なかなか面白いものだと思う。

f:id:thanks318:20170510012626j:plain

f:id:thanks318:20170510012225j:plain